一棟売りアパートの上手な節税方法を伝授!

積木

マンションへ投資する

アパート

管理するときの注意点

マンションを管理するためには、法律、建築、会計、税理などいろいろな知識を有することが必要不可欠です。また、マンションの管理は管理組合が主体となって行いますが、組合員やマンションの所有者が十分な経験や知識を持っているとは限りません。そのため、知識と経験が豊富な信頼のおけるマンション管理会社を探すことが、マンション管理で利益を得るための重要な条件となります。マンション管理において失敗しないためには、まず法律に詳しい必要があります。法令等の改正に常に目を向け、新しい情報を得ることが必要です。そして、それを管理組合に情報提供して共有することも重要になってきます。次に、マンションを購入して居住している場合、住み始めてからしばらく経つとリフォームしたくなるという人が多くおられます。部屋の模様替えやフローリングの張替え、老朽化や故障した水回りの修繕など、リフォームの理由は様々です。また、中古マンションを購入した際は、大々的なリフォームが必要な場合もあります。リフォームの場合は、たとえ自分が所有者となっていても事前に許可を得てからでなければ行うことが出来ません。マンションは一戸建てと違い、共有部分があるからです。部屋内の天井や壁、床等であっても躯体部分であれば、共有部分となります。また、窓や網戸などの外から見える部分も共有部分として扱われています。リフォーム作業の際には騒音や人の出入りもあるため、近隣住民に知らせるためにも事前申請は必要不可欠になります。信頼のおけるマンション管理業者を事前に決めておくことで、知識不足によるトラブルを回避することができます。