一棟売りアパートの上手な節税方法を伝授!

積木

民泊で不動産を有効活用

部屋

運営業務はプロにお任せ

近年、新しい形の不動産活用法として注目を集めているのが、airbnbを利用した民泊ビジネスです。airbnbは旅行者向けの宿泊施設情報サイトですが、ユニークなのは大量の民泊施設が紹介されていることです。アパートやマンション、貸家などのオーナーが自らの保有する物件をairbnbに登録し、利用を受け付ければ、宿泊料金の徴収によって利益を獲得することができます。稼働率次第では、賃貸利用以上の高収益も期待できます。とはいえ、民泊施設の運営は一般の賃貸経営とは少々勝手が違います。そこで活用すると便利なのが、民泊代行業者です。質の高いホスピタリティを提供することで、オーナーの負担を軽減するだけでなく、リピーターの増加にも貢献します。民泊代行サービスの内容は、利用申込みの受付、鍵の受け渡し、料金の精算、施設の清掃、トラブル対応などが主なところとなります。airbnbを通じた利用申込みはメールによるものが大半なので、まずはその受信と予約の確定、返信が代行業務の入口となります。その後、現地または専用デスクでの鍵の引き渡し、注意事項の説明、滞在中のコンシェルジュサービスなどを行った後、チェックアウト時に鍵を回収して料金を受領します。退去後はルームメイクを行い、次の利用に備えます。料金は手数料を控除し、一定期間分をまとめてオーナーに支払われますが、業者の中にはクレジットカードの決済代行サービスを同時に提供しているところもあります。