一棟売りアパートの上手な節税方法を伝授!

お金

マンションへ投資する

マンション管理は、様々な知識を必要とします。たとえ自分の所有する部屋であっても、リフォームするときは事前の申請が必須です。共有部分や、リフォーム作業による騒音などを近隣住民に知らせておくことも必要だからです。信頼のおけるマンション管理業者を事前に決めることがトラブルを回避することにつながります。

民泊で不動産を有効活用

民泊施設を紹介するairbnbというウェブサービスが人気になるにつれ、アパートやマンション等を民泊用物件として有効活用することを目指すオーナーが増えてきました。代行業者を利用すれば運営業務を委託できることから、初心者でも気軽に参入することが可能です。

所得税を考えた運用方法

マンション

積極的に古い物件探し

仕事でしっかりとした稼ぎがあって所得が大きい人は累進課税制度によって毎年大きな所得税を払わなければならなくなってしまっているでしょう。その対策として投資をするという考え方があり、一棟売りアパートをうまく運用することによって実現可能です。不動産投資によって得られる不動産所得は給与所得などと損益通算することができるため、課税所得上は赤字経営になるように一棟売りアパートを購入して運用すれば所得税を抑えることができます。このようなときに重要なのが減価償却費を最大限に活用することです。実際にお金の出入りの部分でマイナスになってしまっていては、所得税が軽減されても損失を生み出してしまうでしょう。減価償却費は建物や設備などの価値が経年劣化によって低下する分を必要経費の一部として課税所得から引くことができるものであり、一棟売りアパートの場合には各種設備と建物自体の減価償却費を活用することができます。このも目的で運用するときには古い物件を積極的に探すのが重要です。減価償却費は耐用年数が過ぎている状況のものを取得した場合には最短で4年間で全てを節税に使用してしまうことができる制度があります。そのため、耐用年数が過ぎている中古の一棟売りアパートを購入して短期間で減価償却費を活用し、それが終わった時点で売れるタイミングで売ってしまってまた新しい一棟売りアパートを手に入れるという形で運用すると、継続的に節税をしていくことができるのです。

マンションの管理会社選定

マンション管理会社を選ぶことはマンションの資産価値維持の面から重要です。選ぶ際に大切なポイントがいくつかありますのでよく理解しておきましょう。そして単に費用の安さだけで選ぶのではなく、その会社の実績やサービスの内容も含めて総合的に比較検討することが大切です。